「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

ホンダ フォルツァ グラシィコーティング

ホンダ フォルツァ にグラシィコーティングを施工させていただきました。

f0211434_21379.jpg


実車への施工は高級感も出てバッチリ仕上がっておりますが、
オーナー様、携帯での撮影のため、写りが悪くなりました。。。
申し訳ございません。。。

フォルツァのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2013-10-15 02:15 | バイク(国産)

ホンダ ゴールドウイング トライク グラシィコーティング

ホンダ GL1800ゴールドウイングベースのトライクにグラシィコーティングを施工させていただきました。

f0211434_20171724.jpg


f0211434_2017272.jpg


『普段使いでついた小キズを除去し、赤の発色をUPさせる感じで研磨、重厚感+高級感も出る研磨』

という感じで下地作りをさせていただき、最終的にグラシィコーティングで保護しました。

GL1800トライクのお客様、ご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2013-10-10 20:23 | バイク(国産)

ハーレー サイドカー グラシィコーティング

ハーレーのサイドカーにグラシィコーティングを施工させていただきました。

今回のご依頼内容は、エアブラシで描かれた絵にダメージを与えずに
日常の使用で塗装表面についた小キズを除去した後にコーティングという作業。

塗装の膜厚に注意するだけでなく、エアブラシを綺麗に見せられないと意味がありませんので、
反射光の出方も調整しました。

f0211434_1617880.jpg


f0211434_1617201.jpg


f0211434_16172732.jpg


f0211434_16173649.jpg


f0211434_16174419.jpg


f0211434_16175240.jpg


今回の作業には、カーデザインを勉強していた頃に得た知識(デザイン画を描く時の光らせ方等)を応用すると同時に、日本で最初にバイクのコーティングをはじめた当社だからこその経験がふんだんに使用されています。

当社では、コーティングの下地作りは『荒いコンパウンドでごっそり鏡面レベルまで削って最終的に細かいコンパウンドで揃えればいい』という考えはしておりません。

そのクルマ、バイクに合った塗装の肌具合、オーナー様の使用環境等を意識しながら下地作りをしております。

一般的には肌のデコボコが完全になくなるまで磨くのが一番綺麗というイメージがあると思いますが、
(同業者の多くもそのような考えかもしれません)
当社はそのように考えておりません。
極端に言ってしまうと、超鏡面仕上げの場合、お車やバイクの形状によってはプラスチックのおもちゃのように見えてしまう事もあります。
今回はオーナー様と直接お話しておりませんので、私が考える『ハーレー』のイメージで仕上げさせていただきました。

『綺麗+ワイルド感や無骨感』を出せたと思います。

ハーレー サイドカーのお客様、ご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2013-10-08 16:35 | バイク(外車)

BMW K1300GT グラシィコーティング

BMW K1300GTにグラシィコーティングを施工させていただきました。

f0211434_22533962.jpg


f0211434_22541684.jpg


赤色の部分は『透き通る深い赤』
マット部分は『本来の質感をそのままに』

という感じで仕上げさせていただきました。

BMW K1300GT のお客様、ご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2013-10-07 22:59 | バイク(外車)

ポルシェ GT3 グラシィコーティング

GT3にグラシィコーティングを施工させていただきました。

f0211434_22284359.jpg


コーティング前の下地調整を『おまかせ』でご依頼いただきましたので、
純正塗装の肌を基本は残しつつも、各箇所肌を調整し、
『陶器のように透きとおる、深く美しい白』というイメージで
仕上げさせていただきました。


f0211434_22304657.jpg



ポルシェ GT3 のお客様、
グラシィコーティングの施工ご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2013-10-07 22:44 | クルマ(外車)

スズキ パレットSW グラシィコーティング

新車のスズキ パレットSW にグラシィコーティングを施工させていただきました。

f0211434_1393387.jpg


軽自動車の塗装は、ほとんどの場合デリケートなのですが、
この車両は特にダメージを受けやすい黒系でした。

その事をよく理解しておられるオーナー様は、納車直後にコーティングでの保護を
お考えになられ、ご依頼くださいました。

『新車時は塗装が綺麗だから・・
キズが入ってから専門のコーティング屋でコーティングすればいいや』
と思いがちですが、新車時にコーティングする事で、
デリケートな塗装のお手入れも楽になりますし、キズの予防にもなります。
また、納車される前の塗装よりもツヤもUPしますのでオススメです。

そしてもう一つ良い事が、
『納車直後にコーティングする事で、私達プロがクルマ全体をチェックする』という事です。
これによって、納車前からついていたキズや凹み、修復後等をチェック出来ます。

例えば、納車後に一定の期間が過ぎた後に初めての洗車をし、あるはずのないキズを
発見した場合、クルマ屋さんにその事を伝えても、
『納車後についたんじゃないですか?』と言われる可能性だってあります。
(クルマ屋さんもダメージを知らず、悪意なく納車している可能性もあります)

このようなケースを心配されるお客様の中には、クルマ屋さんからの納車場所を当店に
指定する場合があります。
そうする事でそのようなトラブルを回避する事が可能です。

当店の施工予約日と納車日を調整する必要がありますが、
クルマ屋さんがこのような納車方法でもOKでしたら、
当店は大歓迎ですのでお気軽にご相談ください。

以上、参考にしていただけたらと思います。

パレットSWのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2011-08-08 14:34 | クルマ(国産)

トヨタ ハリアー グラシィGコート

グラシィGコートをトヨタ ハリアーに施工させていただきました。
この車両は、オーナー様が中古車を購入後すぐに当社へ持ち込んでいただいた車両です。
元々の状態は、洗車機でついたキズでツヤが無く、パール色なのにソリッドに見えてしまっている状態で、
隙間には長期放置で溜まったゴミが多く、コケが発生している状態でした。

このような状態の場合は通常よりお預かり期間を長くいただく事になりますが、
当社で施工を終えるとこのような感じになりました。

f0211434_13593687.jpg


洗車機でついたキズを除去し、隙間の汚れ等も特殊溶剤で除去、
しっかりパール塗装として復活しました。

オーナー様からは、後日、『知り合いの多くに新車を買ったの!?と聞かれた』という
嬉しいお言葉をいただきました。

中古車を購入する時は外装の綺麗な車を選びがちですが、コーティングを施工する事を前提にすれば
案外お得な買い方を出来る場合があります。
ご参考にどうぞ。

トヨタ ハリアーのお客様、グラシィGコートを施工していただき、ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2011-07-30 14:06 | クルマ(国産)

ホンダ CBR600RR グラシィSコート

グラシィSコートをホンダCBR600RRに施工させていただきました。

f0211434_1395083.jpg


この車両は新車時にもグラシィコーティングを施工させていただいている車両ですが、
今回、車検を機会として数年ぶりに再加工のご依頼をいただきました。

再加工後はこのような感じになりました。

f0211434_13124463.jpg

f0211434_13125196.jpg


最近、ツヤが無く小キズがかなり入ってきている初期型CBR600RR、1000RRを
街中でよく見かけるようになりました。
グラシィコーティングを施工すると上の写真のようなツヤを維持する事が可能になります。


あと、コーティング施工をお考えの方からの質問で、よくあるものの一つが、
『バイク購入後に貼ったステッカーは剥がさないといけないの?』
というものがありますが、当店ではほとんどのステッカーは剥がさずに施工する事が可能です。
また、多くのステッカーは、コーティング施工(研磨作業を含む)をする事で綺麗にする事が可能です。

大事なステッカーだから剥がしたくないけど、コーティングは気になる・・・という方、
ご参考にどうぞ。

CBR600RRのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2011-07-30 13:25 | バイク(国産)

ヤマハ R-1 グラシィコーティング

ヤマハR1にグラシィコーティングを施工させていただきました。

f0211434_12545529.jpg

f0211434_1255377.jpg


今回はR-1のオーナー様から顔出しOKのお言葉をいただきましたので、
オーナー様&愛車の写真も載させていただきました。

ツヤ有り部分も、ツヤ無し&半ツヤ部分も自然な感じでコーティング。
ツヤ無しや半ツヤへのガラスコート施工の場合、このように自然な感じに仕上がります。
塗装面以外へのコーティングについて悩んでおられる方、御参考にどうぞ!

R1のお客様、グラシィコーティングを施工していただき、ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2011-07-30 13:01 | バイク(国産)

トヨタ セルシオ グラシィコーティング メンテナンス施工

数年前にグラシィコーティングを施工していただいたお客様からメンテナンスのご依頼

コーティングを施工し、数年経てばどのような感じになるのか・・・・
コーティングを、するorしない で悩んでおられる方は気になるところだと思います。
また、どこのコーティング屋で施工するか悩んでおられる方にも参考にしていただけると思います。

このセルシオはメタリックの入っていないソリッドの黒なのですが、
このトヨタの黒ソリッド・・・
知っておられる方は知っておられると思うのですが、非常にデリケートな塗装色なのです。
そのデリケートな塗装に、グラシィコーティングを施工した場合、数年後はどのようになるのか・・・
ご覧ください
f0211434_1262542.jpg

f0211434_12174442.jpg

いかがでしょうか?
普段はご自分で洗車をしておられるお車で、このような感じです。

当社はコーティングを施工していただいた後のアフターもバッチリです。
当社では常時メンテナンスを受け付けておりますので、
『コーティングを施工した後の事は知りません』という一般的なコーティングショップとは違います。
常時メンテナンスを受け付けているという事は、アフターの事もきっちり考えているという事です。
また、コーティング施工に自信があるからこそ出来る事だったりします。

常時メンテナンスを受け付けるという事は、コーティングの施工をしていただいたお客様から
施工したコーティングについて、色々なご意見をいただく可能性もあります。
いい加減な施工をしているショップではとても怖くて出来ない事ではないでしょうか?

世の中にはいろいろな謳い文句のコーティング、コーティング施工店がありますが、
ショップ選びの参考にどうぞ。

ちなみに今回のメンテナンスは2500円です。
室内清掃やタイヤWAX等もついてこの価格ですので、かなりお得だと思います。
メンテナンスの所要時間は、2~3時間。
その間は当店2Fの待合室で待っていただく事も可能です。
どうぞご利用くださいませ。


セルシオのお客様、メンテナンスのご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2011-07-30 12:36 | クルマ(国産)

トヨタ 200系ハイエース スーパーGL グラシィコーティング

f0211434_11465328.jpg


200系ハイエースS-GLを施工させていただきました。
この色は途中から純正色に追加された色だったと思いますが、
コーティング施工によって、塗装表面が透き通り、
本来の色がクッキリ見えるようになりました。
以前までのグレーメタリックとの色の差がはっきり出たと思います。

ハイエーススーパーGLのお客様、グラシィコーテイングを施工していただきありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2011-07-30 11:53 | クルマ(国産)

ホンダ フォルツァ Vコート

またまた携帯での撮影の為、画像が悪くて申し訳ございません。。

今回の車両は

ホンダ フォルツァ

施工内容はVコートです。

f0211434_18273665.jpg


スクーターの場合、塗装面の割合が大きく、これはこれでお手入れが大変だと
思っておられる方も多いのではないでしょうか?
グラシィコートを施工する事で、お手入れが簡単になるだけではなく、耐キズ性もUPしますので、
しらないうちに小キズが増えてる・・・(泣)
・・という風になりがちなスクーターにもグラシィコートはおすすめです。

今回の車両の場合、Vコートの施工ですので、塗装内部の強化と塗装表面の強化を同時にしております。
高級感のあるツヤが出ただけではなく、塗装が強化されておりますので長期間このツヤを維持出来ます。

ホンダ フォルツァのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2010-08-19 18:38 | バイク(国産)

トライアンフ スピードトリプル Gコート+ホイールGコート+α

今回も携帯での撮影の為、画像が悪く、申し訳ございません。。


さて、今回の車両は

トライアンフ スピードトリプル

施工内容はGコート+ホイールGコート+αです。

f0211434_1883694.jpg


この車両の場合、ツヤ消し塗装、半ツヤ塗装、ツヤ有り塗装が入り混じっております。
このような場合、固形ワックスをかけると、ワックスが白く残ってしまったり、
変にツヤが出る部分、出ない部分が出来てしまい、高級感が無くなってしまいます。
グラシィGコートの場合、元々の質感を失う事なくコーティングで塗装を保護する事も可能ですので、
このようなタイプのバイクにもおすすめです。

この車両の場合、フレームの一部もGコートを施工させていただきました。
コーティングを施工していないように見える(そのように施工しました)部分も
実はしっかりとコーティングで護られていて、雨が降ったり、洗車する時にその効果が
一目でわかるという『通』と言える施工だと思います。

グラシィではこのような施工も可能ですので、お気軽にご相談ください。

トライアンフ スピードトリプルのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2010-08-19 18:07 | バイク(外車)

ボンネビル T100 Gコート+ホイールGコート

またまた携帯での撮影ですので綺麗に撮れていません・・・
オーナー様、申し訳ございません。。

今回の車両は ボンネビルT100 
施工内容は、ボディ、ホイールともにGコートです。

f0211434_1756035.jpg


このタイプのホイールが装着されている車両をお持ちの方々の悩み・・・
それは『腐食』だと思います。
特に外車の場合は神経質になっておられる方も多いのでは?

グラシィGコートは、このタイプのホイールにも施工可能です。
施工する事により、腐食防止の効果がありますので、オススメです。
また、スポーク1本1本を洗うのが大変なタイプですが、
コーティングする事により、お手入れも格段に楽になります。

ただし、ホイールコートの場合、
原則として元々腐食が進んでいるものでも、完全に腐食を取り除く為の工業研磨を
当社ではかけませんので、
コーティングをお考えの方で、ホイールの腐食がすでに進行している場合、
施工前にご相談ください。
ホイール等の研磨やアルマイトは別の職種(業者)の仕事となりますが、
ご紹介させていただきます。
(軽度の腐食の場合は当社でも取り除く事が出来ます)

ボンネビル T100のお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2010-08-19 18:03 | バイク(外車)

BMW K1300S Gコート+ホイールGコート

またまた携帯での撮影の為、綺麗に撮れてなくて申し訳ございません。

f0211434_17403024.jpg
f0211434_17403820.jpg


このオーナー様はお知り合いの方と同時に同じモデルをご購入、
その2台をほぼ同時(1週間ずれ)に施工させていただきました。
(オーナー様、写真は1台で申し訳ありません)

2台とも新車でのご購入という事で、ボディ&ホイールをGコートで、
その他の部分も可能な場所はGコート施工をしました。
この車両の場合、ホイールの形状が特殊ですので、
後々のお手入れの事を考えると新車時からホイールコートをするのが最良だと思います。
また、多くの外車の場合、ブレーキダストが国産車よりも多く出ますので、その意味でも
ホイールのGコート施工はおすすめです。

BMW K1300Sのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2010-08-19 17:48 | バイク(外車)

ベンツ C63 AMG Vコート+ホイールGコート

施工時期が前後しますが、少しずつお客様のお車をUPさせていただきます。
今回の写真は携帯で撮りましたので、画質が悪く申し訳ないですが、参考までにご覧ください。

f0211434_17191911.jpg
f0211434_17192733.jpg
f0211434_17193422.jpg


今回はボディとホイールのコーティングのご依頼でした。
ボディはヌメっとした高級感のあるツヤを出し、エッジははっきりと強調させていただきました。
今回のホイールは『半ツヤ』のものですが、
このようにグラシィGコートは元々のツヤの状態をそのままに施工する事も可能です。
半ツヤやマット(ツヤ消し)タイプのホイールはブレーキダストが付着しやすく、お手入れが大変ですが、
コーティングする事でそれらの悩みから解放されますのでオススメです。

C63 AMGのお客様、施工のご依頼、ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2010-08-19 17:24 | クルマ(外車)

ポルシェ GT3 RS ツヤ出し磨き+WAX

今回紹介させていただくお客様のお車は、
ポルシェ GT3 RS。

ポリッシャーを使用してのツヤ出しポリッシュ+メンテナンスWAXをさせていただきました。

この車両は、他店でのコーティング済み車両なのですが、
当店ではこのようなケースも歓迎しております。

外装は、コーティング被膜にダメージを与えない溶剤を使用してのポリッシングで
塗装のツヤ、輝きをUP、その後、この車両専用に調合したメンテナンスWAXをポリッシャーを使用して塗りこみ仕上げ、内装もメンテナンスをさせていただきました。


高速走行をされる方特有のフロントバンパーのダメージ(飛び石痕の汚れやピッチタール系の汚れなど)を
取り除いた上で作業を進めました。

f0211434_21383457.jpg


塗装を根本から研磨して肌調整をしたわけではないので、反射の仕方は当店施工のコーティングとは違いますが、
塗装表面のツヤ、輝き度はかなりUPしました。

f0211434_21495727.jpg


このように、他社でのコーティング済み車両でも各種メンテナンス作業をお受け出来る場合があります。
ただし、塗装の状態やコーティングの状態によっては、
簡易のメンテナンスレベルでしかお受けできない場合もあります。
塗装診断は無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

f0211434_2292788.jpg


GT3 RSのお客様、施工のご依頼ありがとうございました!
またのご来店を心よりお待ちしております!

楽しいお話、武勇伝(?)も聞かせていただき、ありがとうございました^^
[PR]

  # by glasy | 2010-02-13 22:12 | クルマ(外車)

ニッサン 35GTR グラシィGコート施工

今回紹介させていただくお客様のお車は、
ニッサン35GTR。
ボディーとホイール共にGコートを施工させていただきました。

お客様からのリクエストは、『濡れているようなツヤ』という事でしたので、
話し合いの結果、下地段階で行う『磨き』でこのような感じに調整しました。

f0211434_23571240.jpg


『超鏡面仕上げ』という言葉がよく使われますが、
今回の施工は『超鏡面仕上げ』ではありません。

車種、デザイン、塗料の種類、色などによっては、
塗装の細かい塗り肌をまっ平らにする『超鏡面仕上げ』をしてしまうと、
高級感や重厚感が無くなってしまう場合があります。

上記のような理由から、今回は元々の塗装の肌の特徴も残しつつ、
赤がキッチリと発色するレベルに仕上げました。

f0211434_23572032.jpg


このブログを書かせていただいている私、代表の新谷は、
カーデザイナーを目指し、
学生時代にカーデザインを専攻しておりましたので、光の反射やツヤには『うるさい』ほうです。
クルマやバイクをデザインする時、絵を描くのですが、光の反射具合を間違って描いてしまうと、
描こうとしているそのクルマやバイクのコンセプトと、違ったものが表れてしまいます。
例えば、走行性能を売りにするクルマやバイクでも、光の反射具合を間違えて描くと、
スピード感のないものになってしまいます。
もちろん、光の反射ではなく、『形』によってコンセプトを表現するのがデザインなのですが、
今私はコーティング屋ですので『形』を変える事を生業としているわけではありません。
私が出来る事は、磨き方を調整する事で光の反射具合を調整し、
お客様が求めておられるタイプの『ツヤ、輝き』を出す事です。

今回のお客様の場合、
サーキットや峠をガンガン走られる方ではありませんので、
話し合いの結果、高級&重厚タイプのツヤでいかせていただきました。

お客様が考える理想のタイプのツヤと、私達が考える理想のタイプのツヤなどを
話し合って、どのような下地作り(磨き)をするのか決めてから作業にかかる・・・
私達グラシィにとって、これは最高に嬉しい流れです。

コーティングの液の性能と価格だけが店を選ぶポイント!と思っておられる方が
まだまだ多いと思うのですが、
コーティングの性能を上げる為だけではなく、
多くの方に下地作りの仕方次第で『質感まで変化させられる』事を
知っていただけたら嬉しいです。

例えば、サービスマニュアルを見ながら、エンジンを組む場合、
同じパーツを使うとしても、
各部の抵抗などまで考えた人が組んだエンジンと、マニュアル通りに組むだけという感覚の人が組んだエンジンでは、パワーの出方はもちろん、耐久性など、いろいろと性能面で『大きく』差が出てきます。
コーティングも同じようなものです。
・・・・・・・
熱くなって思いつくままに書き込んでしまったので話が斜めにズレっぱなしですね。。。

でも、修正せずに『オチ』無しで進めさせていただきます・・・(汗

いろいろと勝手な事を書きましたが、『すべておまかせ!』というお客様を嫌がってるわけではありません。
その場合は、私達が思う、『理想のタイプ』で勝手に施工させていただきます。
それはそれで嬉しい事です。
・・・・・
ああ・・・またオチがありません。。。

とりあえず、当店のコーティング施工に対する考え方を思いつくまま書かせていただきました。

※今回の写真を撮影した日時は、前回までの記事と前後しますが、参考例としてあげたかったので、
載せました。

最後に・・・

ニッサン 35GTRのお客様、施工のご依頼、ありがとうございました!
またのご来店を心よりお待ちしております!
[PR]

  # by glasy | 2010-02-13 01:08 | クルマ(国産)

シボレー タホ グラシィGコート施工


本日紹介させていただくのはシボレー・タホと、そのオーナー様。
姫路からのご来店です。

f0211434_1431112.jpg
グラシィGコート&ホイールGコートの施工をさせていただきました。
この写真でも分かるように、施工が終わってから写真撮影をした時には、すっかり深夜になっておりました。


深夜になった理由は・・・
オーナー様が当店に向かって朝早くから姫路バイパスを走行しておられた時に、
スタッドボルトが折れるというトラブルが発生!
走行不能に・・・・

その時点で連絡をいただいたので、施工日の変更を提案させていただいたのですが、
オーナー様は現地まで車屋さんを呼んで、修理&点検を終わらせた後、
そのまま執念(?)のご来店。

施工スタートの時間がズレこんだのですが、オーナー様は嫌な顔一つせず、
当店のゲストルームで施工終了まで12時間以上お待ちくださいました。

オーナー様のクルマに対する気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
クルマを愛しておられるオーナー様の愛車への施工は、
特にやりがいを感じます。
施工をさせていただく側の私達もクルマ好き、バイク好きですから。


そして、施工終了後、オーナー様と一緒にタホの写真撮影

f0211434_141134.jpg

このタホのようなスーパービッグサイズのクルマで、
ここまでのツヤ、輝きを放っているクルマには、
なかなかお目にかかれないはずです。

当店なら、ソリッド(単色)のお車でもこのように深いツヤを出す事が出来ます。


次の写真は、オーナー様ご自慢のステッカーのご紹介
f0211434_1434940.jpg

こんなステッカーって売ってるんですね~!
アメ車にこのステッカーはピッタリです!
信号待ちの時にもし、このタホの後ろにプリウスが停まったら・・・・
プリウスのオーナーはいったいどんな顔をするのでしょうか・・・・(笑
ちょっと見てみたい気がします・・・(笑

次の写真は少し暗いですが、いい雰囲気が出たように思います。
ポストカードでありそうな感じ・・かな?
f0211434_1435993.jpg


そして最後にオーナー様&タホの記念撮影
先ほど、『スーパービッグサイズ』と書きましたが、
次の写真でどれくらい『デカい』か、分かると思います。
f0211434_1441131.jpg

どうですか?
別に遠近法を使って大きく見せてるわけじゃありませんよ!
この『デカさ』、凄く憧れます・・・
撮影時、横にとめてた当店のハイエース・スーパーロングハイルーフが『エブリィ』のように見えました・・・

せっかくオーナー様とタホの記念写真を撮ったのに、
よりによってこの写真がブレてました・・(汗
すいません。。。

この撮影の後、オーナー様はそのまま姫路へ・・・
きっと到着は朝でしょう・・・・・(汗

オーナー様、不屈の精神でご来店していただきありがとうございました!
そして、施工のご依頼、ありがとうございました!
[PR]

  # by glasy | 2010-02-08 03:00 | クルマ(外車)

ホンダ ホーネット600 グラシィVコート施工

株式会社グラシィ代表の新谷です。
本日より、施工して頂いたお客様の写真等をUPしていきたいと思います。

『グラシィで実際にコーティングしたらどうなるの?他のショップとどう違うの??』

等の皆様がお持ちの『?』の答えに少しでもなればいいのですが・・・

さて、記念すべき第一弾は

ホーネット600のお客さまf0211434_4505392.jpg

この方は、前の車両(CB400SB)でも当店のコーティングをしていただいておりまして、
ホーネットに乗り換える直前に施工予約に来てくださいました。


4~5万キロだったと思うのですが、かなりの距離を走破したCBでのご来店。
今からホーネットと引き換えにCBを手放すという事でした。

その時にお客様から嬉しいお言葉をいただきました。
「最初はほんとに5年10年いけるのかな・・・?って思ってましたけど、凄く綺麗に維持出来ました。だから次の車両でも施工したいと思いまして・・・」とご来店の理由を話してくださいました。
(すっごく宣伝じみてますが本当に言ってくださったんですよ)
コーティング屋としては最高の言葉です。

しかも、当店で施工した車両を数万キロ走破後に、また見せていただけるというのも嬉しい事なのです。
人様のバイクですが、「おかえり!お客様に大事にしてもらってたんやなぁ~!^^」って話しかけたくなります。

そしてホーネットの納車から数日後、いよいよホーネットの施工日です。

今回は新車にグラシィVコートを施工します。

『新車は綺麗だからコーティングしても見た目は変わらないでしょ?』

と思ってる方!

施工後の写真をどうぞご覧になってください。

f0211434_2256233.jpg

施工後は光が乱反射しなくなりますから、本来の色がクリアに見えます。

f0211434_2310517.jpg

カメラのフラッシュ撮影をしてもこの通り。
バイクやクルマをフラッシュ撮影した時に、
普段は目に見えない塗装についてる細かいキズまでクッキリ写真に写っていてビックリした事はないですか?
当店でのコーティング施工後はフラッシュ撮影をしてもビックリする事はありません!
当店は同業他社が消せないバフ目(磨きキズ)もキッチリ消す事が出来ます。
実際、同業他社からの依頼も受けております。
その場しのぎの溶剤で誤魔化す業者も多いのですが、
当店は下地段階のポリッシングでキッチリと、誤魔化す事なく作業をしますので、
1週間後に塗装を見るとバフ目だらけ・・・というトラブルもありません。

同業他社の方がココを見ておられるかもしれませんので、ちょっと業者間の事も
書かせてもらいます。

トヨタのあの黒ソリッドも当社ならバフ目を出さずに施工可能です。
もしお困りの同業者様がおられましたら、お気軽にご相談ください。

かなり話がズレてしまいました・・
ホーネットの塗装の話に戻ります

f0211434_2311080.jpg

色の濃淡がはっきり見えるので質感がかなりUPします。

f0211434_2311897.jpg

この写真は説明しやすいかもしれませんね、タンク左のウイングマークのところからタンク後方に
かけての色の変化とツヤを見てください。

f0211434_23111679.jpg

違う角度からもどうぞ

透き通っていて深みのあるツヤを確認していただけましたか?

f0211434_23112525.jpg

さて、次は太陽の下での撮影です。
太陽光の下でも濃淡がはっきりしてるのが分かると思います。

f0211434_23113383.jpg

モーターショーのショーカーも施工している当店でしたら、新車でもこのように
より美しくする事が出来ます。

f0211434_23114248.jpg



ホーネット600のお客様!施工のご依頼ありがとうございました!
またのご来店を心よりお待ちしております!

このブログは500KBまでの画像しかUPできないのでここでは小さく載せる事しか出来ないのですが、
今後、ご希望のお客様には原寸大の写真(データ)をお渡ししたいと思っております。

施工後の写真撮影希望の方は遠慮なく言ってくださいね!
(でも撮影のプロではないので綺麗に撮れなくても怒らないでくださいね・・・)
[PR]

  # by glasy | 2010-02-07 00:29 | バイク(国産)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE